家事のしやすいお家づくり

› 個性を設計するお家づくり

› 大空間/大開口なお家づくり

› 繰り返しに強いお家づくり

家事のしやすいお家をめざして

料理の準備に片付け、洗濯物の始末。お子様が小さい時は片付けても片付けても散らかすばかりでストレスも溜まり、つい子供に大きな声を出してしまう。ここちホームの家事のしやすい家には便利な動線上に使いやすい収納を必要な分確保。さらにはお掃除ラクラクな仕様設備をプラスします。
ご家族も自然と家事に加わり心の余裕が持て、ご家族との時間ももっと楽しくなるはずです。
【ここちホームの家事のしやすい家】のさまざまな工夫をご紹介します。

ご帰宅動線

玄関はいつもすっきり空間

一般的な玄関靴箱収納だと、帰ってくるたびに靴箱の扉を開けて靴を収納しなくてはいけません。
上記の図面のように動線上に別空間でシューズインクローゼットを設ければ、通りながら靴を片付ける事ができるので玄関はいつもスッキリとした空間となります。
子供達も自然と靴を片付ける事ができるようになるでしょう。
また、車の中や、玄関に置いているゴルフバックやベビーカー、
お子様の部活用品などもシューズインクローゼットに収納できるのも嬉しいポイントです。

2階建てにはファミクロ!?

シューズインクローゼットからの動線の延長です。
この空間には衣類やカバンを片付ける事ができるファミリークローゼット(ファミクロ)がおすすめです。
アパートの間取りは1フロアで各部屋に片付けしやすいですが、2階建ての建物だとクローゼットが2階にあり、ジャケットやジャンパー、カーディガンなどをダイニングテーブル椅子の背もたれに掛けたりしがちです。
ファミクロがあればスッキリ片付きますし、お出かけの時にも2階に上がったり下りたりしなくて良いので楽ちんです。

家の中に汚れは持ち込まない

ファミクロからの動線の延長です。
昨今、新型コロナの影響で帰宅時の菌の持ち込み、着ている衣類や手洗いにも敏感になった方が多いと思います。
LDK内に入る前にファミクロで片付けor着替えれて、すぐに洗面で手洗いとうがいをする事ができます。
また、部活動をされているお子様のご家庭では砂汚れなどを気にするかと思います。
菌も汚れもLDK内には持ち込まない。
LDK内は汚さず一番安心できる空間でなくてはいけません。

家事動線

動きは最小限に

洗濯は洗って、干して、片付けるまでの動作が一連の流れですが、収納が2階にしかないと畳んでもすぐには2階に持っていくのは大変です。
結果後回しになり、リビングやたたみコーナーの一角に洗濯物が山盛りに置かれてしまう事態に...。
普段の衣類は1階のファミクロで解決。
2階各居室のクローゼットは季節物や休日の衣類とし、2階への昇降回数を減らす事で家事の負担を軽減します。
また特に共働きのご家庭には洗濯干場は屋根付き干場がおすすめです。 雨を気にせず洗濯物を干すことができます。

わいわいキッチン

コミュニケーション型キッチンが一番人気です。 お子様が部活動や塾に通い始める時期になるとご家族との時間の確保がなかなか難しくなってきます。
上記プランの例だとダイニングテーブルがキッチン横にあり、配膳・片付けをスムーズに行う事ができます。
また、キッチン正面にも人が立てるので、顔を見ながら向かい合っての状態で料理を楽しむ事ができます。
キッチンを中心にプランニングすると自然と人が集まり、ご家族との笑顔も増えることでしょう。

収納上手を目指そう

食器棚を選ぶ際にも色々なポイントを確認しましょう。 対面キッチンの場合、ゴミ箱置き場のスペースを確保しないと邪魔にもなり、見た目も悪くなってしまいます。 新築にあわせて購入したい家電のピックアップも必要です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
①棚の高さは収納物に合わせて調整可能
②調理家電もコンセント付きで綺麗に収納
③ホーロー製だと炊飯器の蒸気にも強い
④置き場所に困るダストボックスもスッキリ収納

掃除のしやさ

   

本物は綺麗が続くこと

水まわり商品は、清潔で使い勝手が良いことは当然のこと。
しかし、使い続けると、どうしても汚れて劣化していきます。

ここちホームはタカラスタンダードの高品位ホーローをおすすめしています。
カンタンなお手入れできれいを保ち、何年経ってもずっと美しさが続きます。

個性の演出

内装デザインは床、内部ドア、壁紙クロス、インテリアなどの組み合わせで個性を演出していきます。
ここでは42種類のデザイン、7色のカラーから選定できる内部ドアをご紹介しております。
ここちホームでは掃除のしやすい上吊り引戸、木の良さを活かしながらも継ぎ目にゴミが溜まりにくい突板フローリングを標準採用としております。

床からデッキまでフラットに

窓の下枠はレールの凹凸にゴミが溜まり、掃除が面倒です。 歯ブラシや掃除機で一生懸命お掃除の経験あるのではないでしょうか。
普段のお掃除はクイックルワイパーや雑巾でさっとお掃除する事ができます。
お子様がウッドデッキに出る時にもつまずいたりせず安心です。

お問い合わせ